大阪・関西万博「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジ第二弾 ゆる楽器ハッカソン2021開催決定!参加者募集!

2021年8月4日yurumusic

 

トミタ栞を中心とした「ゆるミュージックほぼオールスターズ」(ゆるほぼ)を、6月に結成した世界ゆるミュージック協会。まずは大阪・関西万博の「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジとして、万博応援ソングの歌詞を募集しています。

そしてこの度共創チャレンジ第二弾として「ゆる楽器ハッカソン2021」の開催が決定しました!

エンジニア、アイデアマン、デザイナー、クリエイター、アーティスト、ミュージシャン等に参加をいただき、チームを結成!誰もがすぐに弾けて合奏できる「ゆる楽器」を開発してもらいます。最優秀チームには賞金10万円!審査員には「ゆるミュージックほぼオールスターズ」のメンバーも参加!自分たちが演奏する楽器を選出してもらいます!みなさんの応募をお待ちしております。

 

■イベント名:ゆる楽器ハッカソン2021

■概要:エンジニア、アイデアマン、デザイナー、クリエイター、アーティスト、ミュージシャン等を中心に参加者を募集。4名1チームとし、チームごとに「ゆる楽器」の開発を行い、発表をする。

■募集人数:40名程度(応募多数の場合は抽選、11月10日までに参加者へご案内のメールをお送りします)

■応募締め切り:2021年10月31日(土)

※開催日延期に伴い延長いたしました

■実施時期:2021年9月18日(土)&19日(日)

 ※2021年11月20日(土)、21日(日)に延期となりました

■時間:10:00~19:00

■ファシリテーター:伴野智樹 https://note.com/tomoki_banno/

■会場:洗足学園音楽大学(神奈川県川崎市)(アクセス

■ゆる楽器の定義:

<MUST>

・誰もがすぐに演奏できること

・誰とでもすぐに合奏できること

<BETTER>

・練習するともっとうまくなっていくこと

・音階の制御ができること

■インセンティヴ:最優秀チーム 賞金10万円 優秀チーム 賞金4万円 ゆるほぼバンドイベント演奏参加権

■審査員:世界ゆるミュージック協会 代表 澤田、ゆるミュージックほぼオールスターズ(トミタ栞、小澤綾子、五十嵐 LINDA 渉、ラヴィクマール、村木ひらり、大福くん)、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント EdgeTechプロジェクト本部 MXチーム(梶、福田、後閑、丸子、西山、阿部) ※その他審査員も検討中

■そのほか:

・本プログラムは 大阪・関西万博 「TEAM EXPO2025」共創チャレンジの一環として行われる

https://team.expo2025.or.jp/challenge/70

・優秀作品は バンド「ゆるミュージックほぼオールスターズ」で実際に演奏されるほか、開発チームのイベントへの出演権も与えられる

・楽器の開発の方法はデジタル、アナログ方法は問わない。(例えば和音グラス https://yurumusic.com/instruments/waon/のようにテクノロジーを使用しない楽器でも可能)

・会場にはソニーグループの様々な機材が用意され自由に使用可能。アイデアを形にできるIoTブロック「MESH™」、ロボット・プログラミング学習キット「KOOV®」、 創意工夫を引き出すロボットトイ「toio™(トイオ)」など

・宿泊費や会場までの交通費は各自でご負担ください

・ハッカソンの模様はウェブサイト、ネット動画やニュースサイト等のメディアに露出する可能性があります。

 

■主催:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント EdgeTechプロジェクト本部

■協賛:ソニーグループ株式会社

■協力:ソニーマーケティング株式会社 MESHプロジェクト、株式会社ソニー・グローバルエデュケーション KOOVプロジェクト、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント toio(トイオ)プロジェクト、ソニーセミコンダクタソリューション株式会社 SSUPプロジェクト

 

■参加応募フォームhttps://www.sonymusic.co.jp/event/102313

 

※日程を延期しました(2021.09.11更新)

※会場を追記しました(2021.09.18更新)